ブログトップ
お留守ワンコ

nach.exblog.jp

やきつべの小径
f0111147_2382287.jpg
 静岡市の小坂からハイキングコースになった旧道を通り、日本坂峠を越えて焼津側に下ると
 隠れ里、花沢の里がありますす。
 このあたりは『万葉集』にも詠まれた最も古い時代の東海道(やきべつの小径)で、奈良時代
 には、日本坂峠を越えるルートが東西を結ぶ幹線ルートだったそうです。
 長屋門造りの家並みが軒を連ね、集落の家々の前には小さな水路があり季節の花々が咲き、
 実に絵になる情緒あるれる景色です。

 万葉のふるさと 花沢の里
 http://www.city.yaizu.lg.jp/kanko/info/1-2-3.htm
[PR]
by Konatu_sw | 2010-03-22 17:40 | Comments(26)
Commented by 金魚・・・夕焼けと青空 at 2010-03-22 18:40 x
ずいぶんと分け入られたのですね。
体調が、良くなられた証拠でしょうか。

ひなびた家並みは、貴重です。人の歴史そのもの。

大八車の車輪?
幼い頃の記憶に、かすかに残っています。昭和30年代です。
Commented by Konatu_sw at 2010-03-22 19:48
☆ 金魚さん
こんばんわ。
この細道を分け入ったのは8年ほど前。
私、まじめなので(???)どうしてもこの古道をこの目で確かめたくて山道へ挑戦しました。
季節は夏、一人が通るのがやっとの急な坂、背丈よりも高い夏草が覆いかぶさり、とても怖いおもいをしました。
峠までは小一時間、峠からは後ろも振り返らずに転がるように、逃げるように下ったものです。
でも今回はまだ本調子ではないので車でした~。笑

大八車と並んである農機具は何をするものかご存知ですか?
水を張った田圃の草をとる草刈り機ですって?
どうやって??
Commented by nonbirimay at 2010-03-22 21:08
懐かしい草取り機がありますね! 今でも使われているのでしょうか?
中学生位まで草取りをやらされたように記憶しています。
大きな車輪は牛車のものでしょうかね? 我が家は人ガ引く「リヤカー」でしたよ。
Commented by Konatu_sw at 2010-03-22 21:31
☆ mayさん
草取り機ってどのようにして使うのでしょう。
私が育った関東の田圃は「陸稲」なので水はありません。
謎だ~!
Commented by kosuzume2 at 2010-03-22 22:52
草取り機、本当に使い方考えてしまいます。刈るのですね・・・?
私は、今日ほぼ1日草抜きをしました。
非常に疲れて・・・夕方近くに昼寝をして・・・か芋にいきそびれました。
うふふ、関係ないですね。でも、草取りに反応してしまいました。

趣ある景色です。いいですね。
Commented by goldpony767 at 2010-03-23 06:17
古の道を辿る旅はいいでしょうね。
もうダレも通らなくなってしまった道。いいですね。
Commented by kusakari-101 at 2010-03-23 06:52
こなつさんオハヨウ(*^_^*)

チビ台風とそば屋のおまつり無事終わったけど・・・
昨日は一日休みだったけど・・・
歳ですね~~ 疲れています(*_*;

昔懐かしい写真ですね(*^^)v
車輪は家の車庫の中にありますよあと古い壁掛け時計が・・・
父が今では中々見られないからと取ってあるんです。
埃を被っていますけどネ~~
Commented by suzu1944 at 2010-03-23 07:16
元気が出て良かった。
Konatuさんにかかれば何を撮っても絵になるのよね。
農機具、、、此方では"ガンヅメ"と呼んでいたような記憶が
田圃の稲と稲の間を押していくと水をかき回して草も取れるのかな。
確かそんな器具でしたよ。
Commented by Thりーど at 2010-03-23 07:48 x
おはっ (^^
 農機具の名称は、知らないけれど、使い方は見て、わかりました。
 ただ、凄く「懐かしい」と、思った自分は、既に昔の人になりつつあるのかなっと。 (涙
 この写真からだと、今も使用されているような気がしますが・・・
 
 よく見ると、熊手や、自然薯ほり機のようなものも・・・
 石臼も!
Commented by chiyoko-mimi at 2010-03-23 09:09
おはようございます^^
花沢の里 昨日行きました
何時も公衆トイレの付近まで、奥には行った事が有りません
まだ奥まで行けるのですよね?

昔の面影が、素敵な雰囲気~~~大好きな場所です
Commented by nonbirimay at 2010-03-23 09:31
草取り機と言っても 前後にガシャガシャ動かし草を抜くだけででしたよ。
抜けた草は そのまま浮いていたように記憶しています。
Commented by sumire-ms at 2010-03-23 11:32
わぁ~ 懐かしい!! 
この蔀板といい大八車の車輪、それにコロ!!
右は、田植後(根がしっかりしたころ)、草取りの道具で、ここらではコロと呼んでいました。
取っ手を押して動かし、”草を土の中におしこめる”道具です。
子供の頃は、普通に見た風景です。
写真を見せてもらい、懐かしくて姉に電話をかけ昔話をしました。
Commented by Konatu_sw at 2010-03-23 19:03
☆ kosuzumeさん
ひと月も庭もなにもほったらかし、草ぼうぼうになってしまいました。
こうなると草刈り機でも草取り機でもいいわ、我が家にぜひ一つほしいわ。
あぁ、目の前の草、猫の手でも犬の手でもなんでも借りたいです。
Commented by Konatu_sw at 2010-03-23 19:12
☆ 蛙太郎さん
山越えの細い道はほとんど人は通らなくなってしまいました。
今では峠の下を新幹線、東名、国道が走り、いにしえからの東海道を思わせます。
その国道を一歩山に入ると忘れ去られたかのようなこの里にたどり着きます。
夏の峠越えの山道にはホタルブクロがたくさん咲いていました。
Commented by Konatu_sw at 2010-03-23 19:17
☆ kusakariさん
台風一過、お疲れさまでした。
心地よい疲れでしょ? 
歳なんて思うとからよけいに疲れるのよ。
まだまだ…! がんばっ!

車輪も壁掛け時計も車庫に置いておけば本当に見られないわよ。笑
ちょっと化粧直しをして見えるところに飾りましょうよ。
今度羽那ちゃんたちに塗ってもらったら?
Commented by Konatu_sw at 2010-03-23 19:22
☆ suzuさん
老体にムチ打って頑張ります。笑

>稲と稲の間を押していくと
と、いうことは、また田圃の中に入るの?
あの水の中に入るのは田植えのときだけではなかったのね。
あっ、いまどき「合鴨」さんが田圃にいるけれど、今は合鴨さんが草取り役なのかしら?
Commented by Konatu_sw at 2010-03-23 19:30
☆ Thりーどさん
あら、懐かしさが昔人間だとしたら、古さではきっと私、負けていないわ!
昭和満載の私ですが、これは知らないわ、なにぶんにもあの水を張った
田圃ってはいったことがないの。
石臼や熊手(商売繁盛でササもって来い、でしょ)ならわかるけれど
自然薯ほり機ってどんなの?
Commented by Konatu_sw at 2010-03-23 19:35
☆ chiyoko-mimiさん
奥までいったことがないのですか?
では、この際、ず、ずい~と、奥までどうぞ! 爆
水車小屋、鬼瓦の立派な古いお寺、法華寺などもありますよ。

ひょっとして、きょう〇バヤマ先生と奈良へいらっしゃいませんでしたか?
Commented by Konatu_sw at 2010-03-23 19:37
☆ mayさん
前後にガシャガシャですね。
皆さんにも教えていただきアウトラインが見えてきましたよ。
今でいえば合鴨さんの役目をしていたのかしら?
Commented by Konatu_sw at 2010-03-23 19:41
☆ はるかさん
コロをコロコロ押して行くのですね。
草を土の中におしこめるのではコロコロとはいかないけれど、名前が可愛い!

姉妹の会話に「芽」がでたのね! よかったわ♪
Commented by 金魚 at 2010-03-23 19:45 x
こんばんは。
車であれ、お出かけは喜ばしいです。

草取り機の記憶はありません。
祖父母までは、稲作もやっていたのですが、どうしていたのか?
既に彼岸の人です。

今は、合鴨とか・・・多くは、薬(除草剤)ですね。
農家も競争で、経営が厳しいから、しょうがないのでしょう。
ただ、我家は薬を使わない農家を応援し、米を取り寄せています。

Commented by Thりーど at 2010-03-23 21:38 x
こん (^^
 いえ、いえ、若年寄では、まけてませんyo。 (笑
 
 ほら、写真の一番奥の棒のように長く、先が、スコップのようになっていて、対のスコップがあって、自然薯堀には、欠かせない道具ですよ。
 自然薯って結構深い土の中にありますからね。しかも、山の斜面が多く、掘りにくい場所なんですよ。
 へぼ(地蜂:クロスズメバチ)なんかも、自然薯と同様に山の急斜面に巣を作りますから、捕るにも苦労しますyo。
Commented by Konatu_sw at 2010-03-24 09:59
☆ 金魚さん
昨日はバスで岐阜県まで所用ででかけました。
乗りなれないバスはちょっと苦手、気疲れもありもうグッタリ。笑

現在の稲作は〇Aのシステムだそうですね。
友人に昔は大規模な稲作をしていた農家の一人娘がいます。
現在は減反、減反、広大な土地を持て余しています。
〇oogleでも広い土地が確認できますが、よく見るとビニールハウスが建っているではないですか。
電話をすると、〇A指導で慣れない「園芸農家」をしているそうです。
おいしいお米は幻になりつつありますね。

↑ 夕焼けと青空 ??
Commented by Konatu_sw at 2010-03-24 10:04
☆ Thりーどさん
自然薯ならわかりますよ、こちらでも秋になるとあちこちで収穫できるのよ。
農家のおじさんが時折届けてくれます。
一度頂戴するばかりでは… とついて行ったことがあります。
ひぇ~! すごい山道、すごい坂、すごい根っこ。
根っこを掘りに行ったのですが、そうそうに根をあげてしまいました。爆
でも天然のものっておいしいわよね~。
東海道 駿河の国 丸子の宿は「とろろ汁」、名物よ。
とろろ汁のために観光バスがやってきます。
Commented by Thりーど at 2010-03-24 21:36 x
こん x2  (^^
 自然薯は、味も濃く、粘りも長いもよりずーと強力ですよね。
 自然薯をすりおろして、だし汁で少しのばし、熱々のご飯少々に、たっぷりかけ、青海苔を少々かけ、ず、ずっーと豪快にすすって食べる。
 最高ですよ。消化がいいから、ほとんどかまずにそのまま、飲み込むように食べます。正月など、弱った胃によい食材として食べますよ。

 東濃地方には、とろろ+むぎご飯を定食として出している、お店屋さんがあります。体には、良いですね。
Commented by Konatu_sw at 2010-03-24 22:02
☆ Thりーどさん
鞠子宿の「丁子屋」さんでは、味噌汁(麹味噌)で自然薯をのばします。
もちろん、麦ご飯です。
麦ご飯ととろろ汁を同量くらいに入れ細ねぎを刻んだものをたっぷりとかけてすすります。
あ~、久しぶりに食べたくなったわ!
近頃ではこのお店の味にたいぶ近くなりました。
一本買って、すりおろし一回分づつ分けて冷凍します。
まだ、一回分あるのを忘れていたわ、明日は「とろろ汁」うれしいな。
<< 桜の紋様 やきつべの里歩き >>


「一期一会」            写真で綴る季節の雑記帳        
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
最新のコメント
こん (^^    ..
by Thりーど at 11:35
> sikisai03さ..
by Konatu_sw at 10:57
8月20日前後ですか~そ..
by sikisai03 at 18:08
> konatumさん ..
by Konatu_sw at 10:16
見とれてました。
by konatum at 23:05
お気に入りブログ
Link
新我愛西安 観光と生活
真・aki母のIT奮闘記
sunnyplace
運命だね、ぶんた。
川原和博の日記帳
Y's Lifenote
I wish upon a star.
Thりーど
名東おかん★やっちゃん
こすずめ日記2
大きな樹 with 留守ワン
......................................
Last Update
Copyright
All Rights Reserved.
2006.11.9 ~
©お留守ワンコ
掲載写真・文言の無断
転載はご容赦願います
......................................
無料カウンター
タグ
(173)
(152)
(130)
(104)
(71)
(70)
(67)
(67)
(66)
(65)
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧