ブログトップ
お留守ワンコ

nach.exblog.jp

ノスタルジー
f0111147_13492760.jpg
     あなたはこの花を何と呼びますか?なんと千の名前をもつ花だそうです。
     胸に刻まれた夏の記憶を今一度思い起こさせるかのように燃える曼珠沙華。
     あたかも炎になって夏の記憶を燃え尽きさせる曼珠沙華。
     その炎のような赤い華、今年は花の盛りの台風でなぎ倒されてしまいました。
     風に向かって立ち、風に連れ去られた赤い華、いま、ノスタルジーの中に咲く。
[PR]
by Konatu_sw | 2011-10-07 14:16 | Comments(28)
Commented by 金魚 at 2011-10-07 14:36 x
彼岸花。
もしくは、山口の百恵花。

群生が綺麗だし、懐かしい野辺の花。

幼い頃には、怖い花でした。
魂・死・毒…狐まで連想していた。
親からは、触るなと言われていたと思います。その教えは、いまだに守っている。
Commented by 鉄砲玉 at 2011-10-07 16:46 x
こちらでは案外珍しい花なんです・・・
でも市内に一ヶ所群生地もあります。
今年も写すぞ!と思いながら時期を逸してしまいました。
それほどに忙しい?・・・いやいや忘れていただけです。
気持ちに余裕が無いとゆっくり撮影も出来ませんね。
Commented by kosuzume2 at 2011-10-07 18:59
千もの異名を持つなんて・・・・指名手配の逃亡犯みたいだわ~
整形はしてませんが。
こなつさんの手にかかると、こんなロマンティックな風情になるのですね。
題もいつもながら素敵です。
Commented by 白い恋人 at 2011-10-07 22:17 x
あたかも炎になって・・・・夏の記憶が燃え尽きる

花の名も知らなかった 線香花火みたい 燃え尽きる
Commented at 2011-10-07 22:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by goldpony767 at 2011-10-08 06:10
素晴らしい写真ですね。
研究しては写されているのですね。
いいものを見せていただきました。
Commented by sizennonaka at 2011-10-08 06:25
優しいですね~~
同じ花でもこなつさんにかかると別物になってしまうわ(^o^)
私のはこれですよと言う感じで「ドカッ!」とあるけれど・・・
Commented by suzu1944 at 2011-10-08 07:16
真っ赤で燃えるようなヒガンバナもここでは幻想的な
夢の中の曼珠沙華を見るようです。

今年はちょうどいい時期に閉じ込められて動けませんでした。
棚田の彼岸花を見たかった。
Commented by chiyoko-mimi at 2011-10-08 13:37
まんじゅしゃげと呼びたいな^^
幻想的で素敵です
沢山の名前を持っているのですね
Commented by nageire-fushe at 2011-10-08 19:55
幻想的ですね~~~
自分も曼珠沙華と呼んであげたいですね。
そういえば、田舎のお年寄りは・・・
なんとお墓に多く咲いているので・・・
ジャンボン(お葬式)花と呼んでいました。
Commented by 金魚 at 2011-10-08 22:10 x
いいイメージを追加しましょう。

花がある時には葉がなく、葉があるときは花がない。
だから、韓国では「相思華」とも呼ばれるそうだ。

華と葉、相想う。流石に、韓流。

Commented by Thりーど at 2011-10-09 08:58 x
おはっ (^^
 すごい。
 とらえ方がすごいですね。
 一方的なイメージを、粉砕するフォトだと、感銘を受けております。
 イメージがどんどん膨らんでいく感じがします。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-10-10 07:36
素敵な風景として写しましたね。ワンコマジック?
私は曼珠沙華、・・・・・
小さい時は彼岸花と覚えて墓地の印象が強くて・・・・
この植物は日本人には深いかかわりがあります。
華やかに曼珠沙華とよんであげたい。
Commented by Konatu_sw at 2011-10-11 19:38
☆ 金魚さん
ちょっと時間が空いてしまいました。

私も怖い、と教えられていた年代。
花を触ったら手がしびれる、その手で口を触ったら死んでしまう、などなど。
ところがどうして、どうして、あの百恵ちゃんがガラッ!とイメージを変えてくれましたよね。
けれど、その歌が流行った頃、飯能(埼玉県)にある彼岸花で有名な「巾着田」にお弁当を持って行ったけれど、なんだか怖くてお弁当を持ち帰った覚えがあります。
あ~、あの純情だった頃が懐かしい!!
Commented by Konatu_sw at 2011-10-11 19:46
☆ 鉄砲玉さん
彼岸花を忘れてしまうほどお忙しいのですね。
それはそれで結構なことだと思いますが体を壊さないでくださいね。
この花は寒い地方ではあまり見かけないそうですが、
今年の春先に「ひでこさん」に球根を送りました。
飛騨でも植えれば育つかもしれませんよ。
自分だけの曼珠沙華、虜になると怖い?
Commented by Konatu_sw at 2011-10-11 19:58
☆ kosuzumeさん
kosuzumeさんが指名手配の逃亡者?
帯に曼珠沙華の花が描かれた華奢で小柄な逃亡者?
うふ、ちょっとミステリアスでいいかも。
でも逃亡者はにあいませんね~、やはり深窓の奥様!!

Commented by Konatu_sw at 2011-10-11 20:01
☆ 白い恋人さん
燃え尽きてはいけません。
あなたには「情熱」という言葉が似合います。
あなたには「希望」という言葉が似合います。
Commented by Konatu_sw at 2011-10-11 20:06
☆ 2011-10-07 22:50 鍵コメさん
忙しくしていました。申し訳ございません。
そちらへ伺いました、ご確認ください。
Commented by Konatu_sw at 2011-10-11 20:14
☆ 蛙太郎さん
子供の頃の私にとってはやはりヒガンバナ、
怖い花でした。
遊び疲れて家に帰る道々、この花が怖くて後ろを振りかえることができず一目散に走って帰ったことを覚えています。
そんな思い出がある花です。
そんなことを思い出し、レンズにフィルターをつけてみました。
Commented by Konatu_sw at 2011-10-11 20:17
☆ sizennonakaさん
私ね、体に似合わず怖がりなのよ。
今でも秋の夕暮れにこの花を見ると子供の頃怖かったことを思い出します。
今でも苦手な花かな!
ひでこさんのように艶やかに撮れないんですもの。
体に似合わず気は小さいのよ。
Commented by Konatu_sw at 2011-10-11 21:48
☆ suzuさん
子供の頃、この花を触ってはいけない、と言われて育ちました。
♪♪ 赤い花なら 曼珠沙華(まんじゅしゃげ) 阿蘭陀(オランダ)屋敷に 雨が降る ♪♪
ヒガンバナと言っていたと思いますが、
近所のお姉さんがこの歌を歌っていたのを聞いたことがあります。
曼珠沙華ってどんな花? オランダ屋敷ってなに? と思っていたわ。

先日唐津の棚田の彼岸花をテレビで見ました。
suzuさんも今年は見られなかったのね、
此方は台風で全滅状態、かろうじて探したのがこの花でした。
Commented by Konatu_sw at 2011-10-11 21:51
☆ chiyoko-mimiさん
艶やかな花ですね、曼珠沙華がお似合いですね。
数年前に島田髷まつりの折り、大井川の土手で咲いているのをみたことがあります。
あの蓬莱橋によく似会う花だと覚えています。
Commented by Konatu_sw at 2011-10-11 21:55
☆ nageire-fusheさん
この花もnageire さんの手にかかると
彼岸に咲く曼珠沙華ですね、
哀しいまでに美しく、愛おしく思えます。

此方では秋のお彼岸にお墓に供えるのですよ。
「一葉」を添えて。
Commented by Konatu_sw at 2011-10-11 22:03
☆ 金魚さん
いいイメージをですか?
私、この花好きですよ、大人の花、仏教に伝わる天上に咲くという花だそうですね。
誰が見て来たのでしょう、私が逝った時にも咲くでしょうか?
その前に天上にいけるでしょうか。
Commented by Konatu_sw at 2011-10-11 22:07
☆ Thりーどさん
こんな捕らえ方をするので私はいつも変人扱いです。
今年は花の時に台風で傷んでしまいました。
わずかに残っていたのがこの花です。
艶やかな姿も時にはこんな姿も見せてくれるのですね。
ちょっとフィルターをつけてみました。
Commented by Konatu_sw at 2011-10-11 22:13
☆ kimiko_shibata1さん
大人になってから曼珠沙華、やはり小さい時はヒガンバナ、
彼岸=怖い、触ってはいけないと言われ育ちました。
そんな彼岸も間近な歳になりやっと彼岸の美しさが理解できるようになりました。

こんなに艶やかな花、マジックもなにも効きません。
美しさと怖さの間にフィルター(センターフォーカス)を入れてみました。^^
Commented by ぶんとも at 2011-10-13 12:04 x
こなつさん、こんにちは。
綺麗な写真ですね。癒されます。
私は彼岸花と教わってやはりあの百恵ちゃんの歌で
曼珠沙華とも言うんだ〜と知りましたくちです。
でも他にもいろいろ名前が、本当にあるのかもしれませんね。
ぶんたの公園には白いのが咲いていて
珍しいのかどなたかが、横に支え木をたて、
茎を針金で木に固定して、倒れないようにしてます。
毎年の今頃の光景です。
Commented by Konatu_sw at 2011-10-13 20:03
☆ ぶんともさん
わ~い、ぶんともさんだ、コメントをありがとうございます。
なんだかぶんた君に出会えたような気持ちです。ワンワン♪♪

あの百恵ちゃんの曼珠沙華って衝撃的でしたよね。
なんだか一気に大人になったような、秘密をもったような、そんなことを覚えています。

我が家の庭には白い花があるんですよ。
今年は一本だけ咲いたところにあの台風でなんにもなくなってしまいました。
台風一過の数日後、茎がグニャグニャになったものが一本だけ咲きました。
やはりヒガンバナはまっすぐで「一茎一花」がお似合い、まったく別の花に見えることを発見しました。
<< ネコの手、犬の手、ワンコの手 ロバさん負傷! >>


「一期一会」            写真で綴る季節の雑記帳        
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
最新のコメント
> sikisai03さ..
by Konatu_sw at 10:57
8月20日前後ですか~そ..
by sikisai03 at 18:08
> konatumさん ..
by Konatu_sw at 10:16
見とれてました。
by konatum at 23:05
> sikisai03さ..
by Konatu_sw at 20:22
お気に入りブログ
Link
新我愛西安 観光と生活
真・aki母のIT奮闘記
sunnyplace
運命だね、ぶんた。
川原和博の日記帳
Y's Lifenote
I wish upon a star.
Thりーど
名東おかん★やっちゃん
こすずめ日記2
大きな樹 with 留守ワン
......................................
Last Update
Copyright
All Rights Reserved.
2006.11.9 ~
©お留守ワンコ
掲載写真・文言の無断
転載はご容赦願います
......................................
無料カウンター
タグ
(173)
(152)
(130)
(104)
(71)
(70)
(67)
(67)
(66)
(65)
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧