ブログトップ
お留守ワンコ

nach.exblog.jp

タグ:山 ( 67 ) タグの人気記事

雲海
f0111147_8332121.jpg
     下界では夏休みの「大移動」の真っ只中ですが、雲海の上を吹く風はもう秋です。
     山の花達は一足先に一輪、一輪と夏を駆け抜けていきました。
     秋風が夏の疲れを忘れさせる心地良い雲の上です。
[PR]
by Konatu_sw | 2007-08-13 08:49 | | Comments(10)

トリアシショウマ (鳥足升麻)
f0111147_8374478.jpg
ユキノシタ科(SAXIFRAGACEAE)  チダケサシ属
〇〇ショウマという名がつく植物はいくつもある。レンゲショウマ、サラシナショウマ、オオバショウマなどがある。ところが、同じようにショウマがつくトリアシショウマはユキノシタ科で、レンゲショウマなどはキンポウゲ科で別種。
姿形はヤマブキシショウマに似ているが、
 トリアシショウマ   心皮が合成している。
 ヤマブキショウマ  心皮が離生している。
このほかに我が家の水盤の中にアワモリショウマがあるのはなんだろうかと検索していたら
ショウマいろいろ
山菜として食べられているショウマ
また私好みの画像もあり、世界が広がる楽しさの反面、子供の頃の夏休みの「追い詰められるまで溜めてしまう観察日記の宿題」を思い出してしまった。
[PR]
by Konatu_sw | 2007-08-10 09:17 | 白馬山麓植物園 | Comments(10)

残暑お見舞い申し上げます
f0111147_012967.jpg
               立秋とはいえ まだまだ暑い日が続きます
               皆様には どうぞ ご自愛くださいませ

[PR]
by Konatu_sw | 2007-08-09 00:15 | 季節 | Comments(8)

コマツナギ (駒繫ぎ)
f0111147_8392816.jpg
     葛の花でもなし、藤の花でもなし、カラスノエンドウよりかなり大きい、コマツナギ。
     草丈70~80cm、マメ科の植物。
     茎や根っこが丈夫で馬をつないでも大丈夫、ということで名づけられたという。
     しかし、実に清楚でとても馬などをつなぐとは思われない。
     むしろ、馬の好む草でこれを食べる馬がここから離れない、という意味に思いたい。
     若苗のころは柔らかく揚げ物、お浸し、ごま和えなどにして食べられるそうです。
     きっと、馬だって食べますよね。
[PR]
by Konatu_sw | 2007-08-08 08:57 | 白馬山麓植物園 | Comments(10)

チングルマ  (稚児車)
f0111147_10502353.jpg
高山植物の代表でもある、五弁の白い小さな花のチングルマです。群落をなして咲いています。
と、想像してください。私得意の「誰も撮らないものに目が向くシリーズ」です。
花が終わった後のものです。例年、高い山へ行くのは8月上旬なのでこの花が咲いているのに出会ったことがありません。
花が終わるとこのようにカサカサになってしまいます。そしてこのカサカサは一方向へ渦を巻いてまるで風車(稚児車)のようになり秋の音のする風に揺らぎます。
白馬大池を眼下に見下ろす尾根に大群落があります。一度花の瞬間(とき)を見てみたい…
[PR]
by Konatu_sw | 2007-08-07 11:08 | 栂池自然園 | Comments(8)

白馬村 蕨平のこと
f0111147_10285858.jpg
白馬を通ったのはまだ梅雨の最中の頃。
白馬三山は見えないのはわかっていたが、野辺の草に誘われてこの山々と対峙する位置にある山の集落へ行ってみた。
f0111147_1030980.jpg
カヤ葺きの風情を残した屋根、さわやかな山の風の流れる静かな集落。
正面の山裾でオリンピックがあったとは思えない懐かしい日本の風景。
細い登り坂の道の両脇は見事に手入れされた庭。f0111147_10581517.jpg



  門柱には季節の花が
   さりげなく
    結わえ付けられている。
f0111147_1155458.jpg
風知草が風にサワサワと流れる傍らで庭仕事をされているおじいさんに出合った。

f0111147_1128426.jpg 前の山はウチの山だ~  ずぅ~と昔からウチの山だ~
 今じゃ、「ハクバ」っていうけど、
 ウチらはやっぱり「シロウマ」だよ。
 代馬(シロウマ)があるから生きてこれただよ。


          自然を愛するやさしさと、
            力強さを感じる目元が印象的だった。
[PR]
by Konatu_sw | 2007-08-03 11:43 | | Comments(8)

キヌガサソウ
f0111147_0381412.jpg
葉も花も大きく、大変存在感のある花です。
株状に群生して咲き、花の白さが遠くからでもよく見える。
一輪、緑色を帯びているが花が終わると徐々に緑色になるのだろうか、よくわからない。
以前、白馬岳登山口付近(白馬尻)の大群落を見たことがあるが、朝、まだ薄暗い中、雪渓の如き花の白さが印象に残っている。
[PR]
by Konatu_sw | 2007-08-02 00:50 | 栂池自然園 | Comments(12)

ウマノアシガタ (キンポウゲ)
f0111147_030565.jpg
ウマノアシガタ、別名キンポウゲ。
標高の高い場所の植物と思っていたら、農村の道端でも見かける。葉っぱが馬の蹄の形に似ているというのだが、どのように見ても似ていない。むしろ鳥の足のように見える。
高い場所に咲くのを「きんぽうげ」、野原で見かけるのを「うまのあしがた」と呼びたくなるけれど同じ花である。この花の高山型でミヤマキンポゲという種類もある。
ハクサン○○○とか、ミヤマ○○○とかいずれにしても山の花は見分けがつきにくい。
一目で見分けがつく方法、どなたか教えてください。
[PR]
by Konatu_sw | 2007-07-29 00:37 | 栂池自然園 | Comments(8)

カラマツソウ (唐松草)
f0111147_0501141.jpg
     遠くから見ると「エッ! こんなところにヒメジオンが…」と思ってしまいそう。

f0111147_123148.jpg     ミヤマカラマツと見分けがつかないがカラマツソウには葉柄に
     耳たぶのような托葉がある。
     ミヤマカラマツにはこの托葉がないので見分けがつく。
     右の画像は木道脇に咲くカラマツソウ。
     ね、ちょっとヒメジオンに見えませんか…
[PR]
by Konatu_sw | 2007-07-26 00:51 | 栂池自然園 | Comments(4)

コバイケソウ
f0111147_816035.jpg
霧の中をゴンドラとリフトに乗り継いでやっと栂池自然園にたどり着いた。
ここは3年ぶり、こんな深い霧の中、誰もいないのかと思ったら、
f0111147_8354687.jpg霧の合間に大勢の人影がある。
もちろんその人影以上に多くの花がさいている。
まず、目に飛び込んできたのがコバイケイソウ。
ミルク色した霧の流れる中、その大きな白い花房で
手招きしているようだ。
小さな高山植物の中で、その大きさが存在感があって
なんともいえない。
霧の似あう花である。
[PR]
by Konatu_sw | 2007-07-25 08:31 | 栂池自然園 | Comments(8)


「一期一会」            写真で綴る季節の雑記帳        
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
最新のコメント
こん (^^    ..
by Thりーど at 11:35
> sikisai03さ..
by Konatu_sw at 10:57
8月20日前後ですか~そ..
by sikisai03 at 18:08
> konatumさん ..
by Konatu_sw at 10:16
見とれてました。
by konatum at 23:05
お気に入りブログ
Link
新我愛西安 観光と生活
真・aki母のIT奮闘記
sunnyplace
運命だね、ぶんた。
川原和博の日記帳
Y's Lifenote
I wish upon a star.
Thりーど
名東おかん★やっちゃん
こすずめ日記2
大きな樹 with 留守ワン
......................................
Last Update
Copyright
All Rights Reserved.
2006.11.9 ~
©お留守ワンコ
掲載写真・文言の無断
転載はご容赦願います
......................................
無料カウンター
タグ
(173)
(152)
(131)
(104)
(71)
(70)
(67)
(67)
(66)
(65)
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧