ブログトップ
お留守ワンコ

nach.exblog.jp

タグ:植物 ( 104 ) タグの人気記事

ムラサキシキブ
f0111147_7401618.jpg
山で出あった大きな木のムラサキシキブ。
庭にあるのと随分違う、大きいし、実のつき方も違う、調べてみました。
ムラサキシキブとコムラサキの一番の違いは、コムラサキでは葉柄と花柄が少し離れて出るのに対し、ムラサキシキブでは葉柄のつけ根の近いところに花柄が出る。
実のつき方もコムラサキはボール状に沢山つくのに対し、ムラサキシキブはまばら。
コムラサキが低木のかん木に対し、ムラサキシキブは4,5mになるそうです。
ということで、我が家の「元ムラサキシキブ」はコムラサキシキブということが判明。
コムラサキより「ムラサキシキブ」という名の方が流通しやすいというので、コムラサキをあえてムラサキシキブとして販売ているもようです。
[PR]
by Konatu_sw | 2007-10-28 07:56 | 植物 | Comments(10)

ケイトウ (鶏頭)
f0111147_10252155.jpg
                  「秋風の 吹きのこしてや 鶏頭花」
                                    与謝蕪村

ひゆ科 : ケイトウ属
熱帯アジアなどの原産で日本には万葉時代 にはすでに渡来していた”古株”だそうです。
花が鶏の鶏冠(とさか)状に見えるのでこの名前に。英語でも「cocks-comb」(鶏のとさか)
なので、 この花に対するイメージは世界共通のようですね。
私は子供の頃、この花の名前は「けいと(毛糸)」とばかり。小さくなった赤い毛糸のセーターを
ほどくと、ほどよくチリチリとなってこんな感じだったような記憶があります。
こんなことを思い出す懐かしい花の一つです。
そして今、懐かしい花を見かける鉄筋クラブ農園に咲いていました。
[PR]
by Konatu_sw | 2007-10-23 10:48 | 植物 | Comments(6)

ヤマジノホトトギス
f0111147_7452396.jpg
きのうに続いてまたホトトギスですが、この時期になるといろいろなホトトギスがブログにアップされています。
ホトトギス属植物は19種知られており、いずれも東アジアに生育して、
日本には12種分布しているが、この内の10種は日本だけに生育する日本固有種だそうです。
由来は花の斑点が鳥のホトトギスに似ているからだそうです。
画像のホトトギスは山路に咲くことからのネーミングで若芽は食用になるそうです。
それにしてもこの花は写真の撮り方が上手くないせいか不思議な形をしているように思います。
[PR]
by Konatu_sw | 2007-10-19 07:50 | Comments(8)

ホトトギス
f0111147_91369.jpg
     庭に咲くホトトギスです。
     かなり古ぼけて見えてしまいますが、
     今朝摘んだものです。
     お茶室の脇を通りながら、我が家にも咲いていた。。。
     忘れていました。
[PR]
by Konatu_sw | 2007-10-18 09:52 | 季節 | Comments(6)

また咲いています  曼珠沙華
f0111147_7525978.jpg
     あぜ道の 淡い姿が 曼珠沙華

     彼岸花ですもの、今年も彼岸に咲きました
     が、また咲いています。
     しかも、次々に花を咲かせています。
     昨日アップさせた桜に続いてこれもやはり狂い咲きなのでしょうか。
[PR]
by Konatu_sw | 2007-10-08 08:03 | 季節 | Comments(8)

サクラタデ
f0111147_023697.jpg
     タデ科 : タデ属
     仲間 には春蓼(ハルタデ)・ 大紅蓼(オオベニタデ)・ 大犬蓼(オオイヌタデ)
     白花桜蓼(シロバナサクラタデ)・ ポントクタデ・ 藍(アイ)
     細葉犬蓼(ホソバイヌタデ)・ 大毛蓼(オオケタデ)・ 犬蓼(イヌタデ)
     イヌの名前のつく植物を探すうちにこんなかわいらしいタデも見つけました。
     園芸店で片隅に追いやられていました。もちろん、即、get!!
     庭の一員になりました。と、言ってもやはり片隅だわ。。。
     だって、控えめだから美しい。。。
[PR]
by Konatu_sw | 2007-10-06 00:32 | 犬つながり | Comments(14)

イヌホウズキ
f0111147_615892.jpg
ナス科 : ナス属
イヌタデ、イヌムギ、イヌナズナ、イヌゴマなど 「イヌ」は、役にたたないという意味で多く使われ、
人間用ではなく犬用の植物ということを示すようですが、なんということでしょう。
犬はちゃんと役にたっていますよね、第一に愚痴をこぼしても他言はしない、癒してくれる、
慰めてくれる、友達でもあり、家族でもある、ですよね。
このイヌホウズキは生の果実、開花期の根を含んだ全草を天日で乾燥したものを、生薬名で竜葵(りゅうき)と呼ぶそうで、ほら、ちゃんと役にたってますよね。
[PR]
by Konatu_sw | 2007-10-02 06:15 | 犬つながり | Comments(8)

ツユクサのお片づけ
f0111147_948557.jpg
     おやおや、たいへんです。
     いつまでも暑いのでもうちょっといいかしら…なんて咲いていたらこの陽気
     急いで夏じまいをして秋さんへバトンタッチしなくては
     さあさあ、みんなで急いで夏の大片づけです。
[PR]
by Konatu_sw | 2007-09-30 09:56 | 自然 | Comments(8)

この中に何が入っていると思いますか
f0111147_10222195.jpg
葵(あおい)科 : アブチロン属  ブラジル原産
別名「浮釣木(うきつりぼく)」 「チロリアンランプ」

ブラジルのリオグランデ川の雑種のAbutilon(アブチロン)は、 ”家畜の下痢止めに効果がある”ということばに由来という意味があるそうです。
6月から10月頃にかけていろんな色の花が咲くそうですが。我が家は赤い色でしかも一年中咲いています。
リオグランデというと、つい西部劇のワンシーンを思い出してしまいますが(あら、歳がわかってしまうぅ… )、一年中咲いていると言うことは、ブラジルよりもここは暑いのかしら…
逆光がきれいな花です。やがて中から黄色い「ランプ」が下がります。私はチロリアンランプって呼ぶほうが好きです。
[PR]
by Konatu_sw | 2007-09-27 10:43 | 植物 | Comments(7)

タマスダレ
f0111147_2344945.jpg
ヒガンバナ科 : タマスダレ属
子供の頃からなじんでいる花。
しかし、子供の頃耳で聞く「タマスダレ」の意味は知らないでいた。
球根が球状をしていること、細い葉がスダレのように並んでいるところから名づけられた、と言うことを知ったのは大人になってからのこと。
南米ペルーのラプラタ地方原産の花で、タマスダレの属名 Zephyranthus は、ギリシャ語のゼプロス(西風の神)とアンテス(花)のふたつの組み合わせ。
普通に庭に咲いているので和の花だとばかり思っていたけれど、遠く南米の花だなんていったい誰が運んできたのかしら・・・
[PR]
by Konatu_sw | 2007-09-15 00:30 | 山野草 | Comments(12)


「一期一会」            写真で綴る季節の雑記帳        
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
最新のコメント
> sikisai03さ..
by Konatu_sw at 10:57
8月20日前後ですか~そ..
by sikisai03 at 18:08
> konatumさん ..
by Konatu_sw at 10:16
見とれてました。
by konatum at 23:05
> sikisai03さ..
by Konatu_sw at 20:22
お気に入りブログ
Link
新我愛西安 観光と生活
真・aki母のIT奮闘記
sunnyplace
運命だね、ぶんた。
川原和博の日記帳
Y's Lifenote
I wish upon a star.
Thりーど
名東おかん★やっちゃん
こすずめ日記2
大きな樹 with 留守ワン
......................................
Last Update
Copyright
All Rights Reserved.
2006.11.9 ~
©お留守ワンコ
掲載写真・文言の無断
転載はご容赦願います
......................................
無料カウンター
タグ
(173)
(152)
(130)
(104)
(71)
(70)
(67)
(67)
(66)
(65)
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧